ころののダイアロス島調査報告書

色々なMMORPGの日記です。 基本的に私が現在やっているゲームの日記を書いています。 現在はBLESSのルーメン鯖ユニオン勢です。

2016年01月

皆様、おはようございますこんにちはこんばんは。ころのです。

私の畑はハイデルを出てすぐの森近くに設置してます。
いつものように畑仕事をしていた時です。
B174
なんだろう、流星かな?(ありません)
B175
なんかすごい飛び交ってます。
B176
顔を上げるとそこは戦場でした。
なんでか、この場所は結構戦場になりやすいみたいなんですよね。
いつもはもうちょっと道のところで小規模戦闘になってるんですが、いつもより大規模でいつもより森寄りでの戦闘になっているようでした。
B177
ちなみに囲っているところが私の畑です。

それでは、また闇の精霊と共にお待ちしております。 

皆様、おはようございますこんにちはこんばんは。ころのです。

割と料理にもハマってるんですが、その理由の半分は副産物にあります。
B168
これらはそれぞれ他の物に交換することが出来ます!
ひとつひとつは大した物ではないですが、積もるとなかなか馬鹿に出来ない量になりますよ!
交換先はほとんどがハイデルなので、ハイデルを拠点にしているととても楽です。
B169
料理経験値。
ただ、もらえる経験値はそんなに多くないので職人クラスになると1000個単位でも思うほど上がらなかったりします。
B171
3000シルバー。
これは地味にお金になります。
沢山ためて交換しにいくと幸福になれるかも。
B170
ビール。
なにげに労働者沢山雇ってると大量のビールが必要になります。
いつもつけっぱなしの人だと1日に300くらいは使ったりするかも。
B172
牛乳。
現在数少ない牛乳の入手先。
今日のアプデで入手先は増えますが、貢献度も考えるとそこまで楽にはならない気もしますね。
B173
貢献度経験値。
個人的にはこれが一番美味しいと思ってます。
特にまだ200に達していないくらいだと、みるみる上がっていきます。
あと、これだけハイデルじゃないです。
それでも大分近いですけどね。

いかがでしたでしょうか。
料理するの楽しいですよ!レッツ料理!

それでは、また闇の精霊と共にお待ちしております。 

皆様、おはようございますこんにちはこんばんは。ころのです。

しばらくハウジングに手をつけてなかったんですが、友人に触発されて物を増やすことに。
B163
B164
どうだ!
え?あんまり変わってないって?
驚くのはこれからなんです!
B165
B166
上の画像にいるのはその友人です。
あれだけ閑散としていた料理部屋がこんなに豪華に!
一仕事終えた感があります!

ついでに本棚は課金物なので、
B167
読書で知識を得ることも出来ます。
ただ、読むのに1時間かかる上に「すでに覚えている知識です」って怒られることもあるようです。 
ついでに30回までしか読めません。
あんまり頼ったりは出来なさそうですね。

それでは、また闇の精霊と共にお待ちしております。 

皆様、おはようございますこんにちはこんばんは。ころのです。

ローディング中に日誌が紹介されるんですが、
B161
めっちゃリアル。

ところで、黒い砂漠では船を出せる場所が決まってます。
各所にある桟橋でしか出せないんですよね。
海に面していない桟橋はガラガラなのですが、海に面してる桟橋はすごい混みあいます。
B159
これはメンテ直後のベリア村の桟橋です。
とても開放的。
B160
角度は違いますが、これが普段のベリア村の桟橋です。
船の絨毯って感じです。
ちょっと足を踏み外すと…
B158
死の予感。
慌てず落ち着いて脱出ボタンを押すか、多少泳いで抜け出ないと溺死します。
そして、船を出せるところは一定なので他の船にぶつかって移動出来ないということもよくあります。
MAPを開いてオートランしておけば抜け出せるかな?
まだ一度しか試してないですが、多分有効な方法なので抜け出せないって人は試してみるといいかもしれません。

あと釣りLvをウィッチから持ってきました。
B162
最初は生産なんて全然やらないっていうスタンスだったのに、今では生産に追われてます。
そのうち狩猟もやらなきゃってことになるのかな。

それでは、また闇の精霊と共にお待ちしております。 

皆様、おはようございますこんにちはこんばんは。ころのです。

ハイデルの街だけでも話が聞けるNPCは沢山います。
でも、多分ほとんどの人がほぼスルーしていると思います。
私も他にやることがあったりするとスルーします。
B153
中にはこんな哲学的(?)なことを言うNPCも。
大半はこんな感じで特に意味もないものなんですが、
B154
B155
B156
中には知識をくれるNPCもいるので侮れません。
ふと暇になった時にでも、耳を傾けてみてはどうでしょうか。

それでは、また闇の精霊と共にお待ちしております。 

↑このページのトップヘ